Roomnavi/賃貸マンション情報サイト

 

 

  入居中に良くあるトラブル

騒音問題というのは賃貸住宅に関係なく分譲マンション又は一戸建て住宅でも同じ状況がおきています。 方法を考えて行動していたり・強引に話さないと解決しない問題だったりするのが良く見受けられる現状のようです。 当事者が聞く耳を持ち・理解し・協調性を持つ事が出来ないと解決しませんが、人間性を判断するのは難しいようです。 まず始めに当事者と思われる人物と上手に話をする事です。 その他では手紙で通知をするなども一つの手でしょう。 当人同士の歩み寄りがない場合には、第三者を間にいれるほうが良いでしょう。
故障した際の修理費の負担に関して、一番重要なのは設備(備え付け)かどうかという点です。 建物自体は大家さんが所有されている物ですので、設備(例えば給湯器やエアコンなど)を故意で故障させた以外は 大家さん負担となるのが一般的でしょう(善管注意義務を怠ったかどうかにもよります)。 それ以外に自然災害(雨漏りなど)や老朽化による不具合・故障した場合も大家さん負担の場合が多いようです。故障した際に大家さんに負担をお願いするのであれば修理を自分で依頼する前に必ず連絡をしましょう。 勝手に修理等を行なってから請求書を大家さんに渡しても本当に故障していたのかどうかも解らずトラブルの原因にもなりかねません。 場合によっては入居者(契約者)の負担になる時もありますので注意が必要です。
「敷地内で起こったトラブルに関しては一切責任を負わない」などと書かれている場合に発生します。 そのような注意書きをあまり気にせず駐車しているお客さんもいるそうですが、実際トラブルが発生したときは大家さん(不動産会社)と口論となるようです。最近ではセキュリティーグッズ(自動車盗難防止装置など)も性能が日々向上しておりますので、車に取り付けるのも一つの方法だと思います。 最低でも車内には貴重品を置かないなどの注意をしておく事が必要です。 駐車場に置いているから大丈夫などと思わず、常日頃から警戒心をもっておいた方が最悪の事態を間逃れる事ができる場合もあるのではないでしょうか。
更新料の「値上げ」や「値下げ」交渉でのトラブルもよくあります。 あくまでも更新というものは、貸主・借主双方が契約を更新するという意思表示であり、家賃等の変更があった際には ただ単に一方的に自分の気持ちを主張するのではなく、相手の立場を理解した上で話し合う事が大切です。

Favorite

ゴム風船

Last update:2017/7/27